膀胱炎かどうかの検査方法って?

膀胱炎かどうかの検査ですが、まず健康診断などでもよく行う尿検査を行って、尿に異常がないかどうかを調べます。
膀胱炎を発症してしまっている場合、この最初に行う尿検査でタンパク質や潜血に異常がみられるため、二次検査が必要になる他、精密検査を行う必要性もあるでしょう。
この検査で異常がなければ、膀胱炎の疑いは極めて低くなりますが、タンパク質と潜血のどちらか片方が異常になっていても膀胱炎の疑いがあるため、さらなる検査が必要になります。
また、尿細胞検査という検査方法もあり、これは尿に含まれている細胞を調べることで、何が原因で尿に異常が起こっているのかがわかるといわれています。
尿細胞検査を行うことによって、病気を発症している原因を知ることができる他にも、どの薬が症状を緩和するのに適しているか調べることもできる優れた検査方法です。
さらに、尿沈査という検査では、尿に含まれている成分を知ることができます。
遠心分離機にかけて成分を残してから検査するため、詳しく調べることができるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

脱毛ラボ(Datsumou Labo)検索

  1. 綾瀬はるかのフロート

  2. 綾瀬はるかの木村拓哉共演ドラマ

  3. 綾瀬はるかの天然キャラ

  4. 綾瀬はるかのCM

  5. 綾瀬はるかとは

  6. バストアップ

    ヒアルロン酸注入法なら自然なバストになる?

  7. 知れば知るほど・・桜

  8. ナイトブラの MICHIBIKI 導口コミ

  9. 肉食女子ランキング

    肉食女子ランキング

  10. エセ肉食女子とは

    エセ肉食女子とは

ベルタ酵素

ページ上部へ戻る