過活動膀胱で病院にいったら?

過活動膀胱で病院を診察を受けると、どのような方法で治療をするのでしょうか。

基本的に、症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が軽ければ、薬による治療を行います。

薬は症状が軽ければ、それだけ、治癒効果が高くなりますので、早めに受診するようにして下さい。

治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に主に使われる薬は、抗コリン薬といって、膀胱の収縮を抑制する作用があることでしょう。

抗コリン薬は、口が渇いたり、尿が出にくくなったり、便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)や発汗などの副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が起きる場合もあるそうです。

また、過活動膀胱(800万人以上の人が悩んでいるといわれている病気です)の為に開発された酒石酸トルテロジンと言う薬もあり、こちらの薬の方がより副作用が少ないとされています。

その他にも、前立腺肥大症の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)にも用いられる交感神経α受容体遮断薬が処方されることもあるはずです。

薬による治療では効果が得られない時には、電気や磁気による治療を行うこともあります。

電気などで刺激を与えることで、骨盤(妊娠中や出産後は特に歪みやすいといわれています)底筋の収縮力を強化すると言う治療方法です。

この治療は過活動膀胱だけではなく、腹圧性尿失禁にも効果を持つとされています。

このような治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)でも改善を見る事が出来ないような重い症状の場合には、手術が必要となることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

脱毛ラボ(Datsumou Labo)検索

  1. 綾瀬はるかのフロート

  2. 綾瀬はるかの木村拓哉共演ドラマ

  3. 綾瀬はるかの天然キャラ

  4. 綾瀬はるかのCM

  5. 綾瀬はるかとは

  6. バストアップ

    ヒアルロン酸注入法なら自然なバストになる?

  7. 知れば知るほど・・桜

  8. ナイトブラの MICHIBIKI 導口コミ

  9. 肉食女子ランキング

    肉食女子ランキング

  10. エセ肉食女子とは

    エセ肉食女子とは

ベルタ酵素

ページ上部へ戻る